巨大マスクメロンー1。

何故マスクメロンが巨大化したのか  庭のビニールハウスで作っているマスクメロン、受粉後65日を過ぎたことで、収穫時期になり、収穫を始めている。今年の作柄は非常に良い、と言うより一株一個を生らしているのですが、巨大化しています。  最近収穫したものを机の上に並べてみました。左から4.25Kg,3.6Kg、3.5Kg、3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温州ミカンの皮は若木では厚いんだ。

食べるのを楽しみにしていたのに、乾燥し初めてしまった。  家の庭に、八朔、甘夏みかんと一緒に植えた、小さな温州みかんの木がある。三本とも3年程前に、2年苗(接木)を購入して、植えたもの。去年はその内甘夏みかんが一つ実を付け、今年は甘夏みかんが2つ、八朔が10個ばかり実を付けた、と喜んでいた。皮が硬く、実が大きいので八朔と思っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カマキリの産卵。

カマキリが色々な所で卵を産み付けている。  気温が下がってきて、カマキリの動きが鈍っています。そして雌カマキリが卵を産み始めています。11月12日には窓の枠で、15日にはキダチアロエの葉っぱの所で。  先ずは12日窓枠での産卵。  そしてキダチアロエの葉っぱで産卵。  産卵は一応日の有る内に終えた様です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラスウリ。

 カラスウリの赤い実。  夏場の暑いとき、一晩だけ咲く花、それがカラスウリです。今のその実が熟し始めています。  実はそれ程たくさんはなりません。こんな風になる実ですが、花は白くて非常に繊細です。  花はかなりたくさん咲くのですが、やはり夜咲くという悪い条件の為でしょうか。普通に観察していただけではこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も今時桜が開花。

 何時も決まった木の大体同じ幹に。  またまた桜のほんの一部の開花です。不思議と同じ木で咲くのですね。  他にも日当たりの良いところで咲いています。本当に何本か有る内の一本だけです。花は僅かに三つだけ、寂しい限りです。今年は夏場異常高温でしたから、ひょっとするともっと咲くかと思っているのですが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蕎麦の花

蕎麦の花は朝方が一番。  畑の蕎麦は今花盛り。蕎麦の花のおしべは朝方で無いと良く見られません。  蕾の状態から、開花寸前、開花の状態、そして結実の状態と色々な状態が混ぜこぜ。これは信州在来蕎麦の花です。小さな花は、大きくしてみるとすごく綺麗で魅力的。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒバカリが眠っている!

 朝方、道端と、畑でヒバカリが眠っているのは見た。 ヒバカリはおとなしい、小さな蛇。未だ十分に成蛇になっていない、ちょっと小さ目のヒバカリを同じような時間に二匹も、それも眠っているところを見てしまった。 こちらが道端で眠っていたヒバカリ。 そして畑で眠っていたヒバカリ。  畑のヒバカリは、体のあち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリの子供。

 巣から落ちたのか、ヒヨドリの子供が庭に。  今朝家の庭にヒヨドリの子供が居ました。最初は何か分からなかったのですが、良く見ると小鳥でした。更によくよく見るとどうやらヒヨドリの子供のようです。  網で捕らえた訳ではないのですが、網の上にとまっているところの写真となりました。ヒヨドリには結構いじめられているのですが、子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庭のライ麦。

12月3日 今日は朝からしとしと雨が降っている。    畑では無い、庭の一部にライ麦の種を撒いたのです。大きく大きくなり、人の背丈を越えるほどになるそうです。近くには南部小麦も撒いてやりました。近くでいっしょに花が咲くと、交雑してしまうそうですが、どんなライ麦が出来るか楽しみです。どんな南部小麦になるかも楽しみです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新三浦大根の実(種)。

新三浦大根に実が付き、成熟し始めています。  種を取る目的で、花を咲かせていた新三浦大根、実が大分大きくなってきました。積極的に受粉させたのですが、これほどはさせていないので、蜜蜂等の媒体による自然受粉です。  早いものでは。鞘が白くなり始めており、さほど遠くない時期に収穫が可能なようです。それにしても一本の大根から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柑橘類の敵、アブラムシ、エカキ虫。

 やはり早いうちの対応が必要です。  柑橘類には、アブラムシ、エカキ虫、カイガラムシ、アゲハチョウの幼虫、等々色々と付きます。それも葉が小さく柔らかい内に。去年はアブラムシとエカキ虫に三本中二本の木がやられてしまい、まともな葉っぱの無いまま、冬越しです。そこで今年は葉芽が出始めて、少し大きくなった段階で、木酢、天恵緑汁の希釈液…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソラマメのアブラムシ退治。

 ソラマメと言えばアブラムシ。  ここでは今はソラマメが大きくなり始める季節。ソラマメの大敵はアブラムシ、緑色のもの、黒色のもの。毎年悩まされています。今年も気を抜いた内にやられました。  去年もアブラムシにやられて、半分ほど駄目になってしまいました。一応牛乳を振って防除を試みたのですが、十分には効きませんでした。そこで今年も遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これは一体何なんだろう?

こんな形で芽吹くもの初めて見ました。 庭でおかしなものを育てています。去年から育てているのですが、この春になって大きな変化が現れ始めました。  丸いのはいわゆる種です。それが持ち上がってきます。  そして丸い種を押し上げるように変化してきます。  そしてある日突然丸い部分が無くなり、下から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新三浦大根の花。

  大根の花は大変たくましい!  庭の畑に新三浦大根の花が咲いています。  この大根大変大きく、長さ50cm以上、太さ20cm以上で、普通の家庭では大きすぎて持て余すほどです。でも味の方は大変良く、煮物には最高です。更に驚くには塔が立って花が咲いても、皮を暑く剥くと内部は柔らかく、美味しく食べられます。普通の大根では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然農ではないですが、田圃の畦での不耕起栽培。

 田圃の畦と言うより土手での無農薬、無肥料、不耕起栽培を考える。  普通の田圃の畦は、畦塗りの為に毎年少しづつ削って、その部分に又田圃の土を盛り上げます。でも水漏れの心配の無い部分は、畦塗りをせず、単に草刈を行うだけです。家の使っている田圃の二面はちょうどそれに当てはまり、毎年定期的に草刈をしているだけです。そう言った土手は決して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬季湛水不耕起栽培に関して。

 冬季湛水不耕起栽培の有り方に関して。  私が借りている田圃の北側の道を挟んだと所と、東側で冬季湛水不耕起栽培を実施している人がいます。何れの田圃も家の田圃より2m近く高い位置にあり、昔から水漏れの激しいざる田と言われている田圃です。私は慣行栽培でお米を作っていますので、冬期は田圃を乾かしています。ところがこれが乾かないどころか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残飯荒らしに出てくるイタチ。

イタチは何でも食べると聞いてはいたが。  庭の畑にEMボカシで作った残飯の堆肥を埋めてあるのですが、その残飯を毎夜イタチが荒らしに出てきます。今日で連続4日目、結構食べ尽くしたと思うのですが。  巾が40cm、長さ1.5m程度のところに埋めてあるのですが、その部分を全部掘り起こしています。それも朝土を掛けて戻しておく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土筆が大量にお目見え。

知らない間に、気が付かなかった!  毎日犬を散歩させている道すがら、大量の土筆を発見。何時の間にこんなにたくさん。  今日は一気に春の終わりの感じでした。花粉症の私、でも不思議と今日は感じなかった。雨上がりの高い気温、条件は揃っていたのですが、何故か。そして来週には又真冬が戻ってくる。いったい気候はどうなってきたのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒヨドリの来襲。

今年はヒヨドリの当たり年か?  家の前にはキャベツ、ブロッコリー、カリフラワーが、少ないですが作って有ります。そして隣には菜花畑があります。去年は、ヒヨドリがブロッコリーにはかなり寄っては来たのですが、今年はすさまじくたくさんのヒヨドリが寄って来ています。キャベツはもう食べられないくらい、餌食にされてしまいました。ブロッコリーは葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新三浦大根。

煮物用の大きな大根です。  今年始めて作ったこの大根、非常に大きく食べでが有ります。  長さが50cm程で、一番太いところで直径13cm位です。生で食べるにはちょっときついですが、おでんなどには最高です。今三浦半島で作られている大根は。三浦大根では無いそうです。何故廃れてしまったのでしょうか。それは大きさと、その味に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more